FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23話 球技

●ドッジボール
楓「そういえば、もうすぐ球技大会だ。」
桜「ちょうど、一週間後ですね。」
杏「そうだった。二人は何に出るの?」

楓「バスケットボールだね。」
桜「私はドッジボールですね。」
杏「ふーん。ドッジボールねぇ…。」

楓「ん?ドッジボール嫌いなの?」
杏「そういう訳じゃないんだけど…。」
桜「何かあったのですか?」

杏「去年、ドッジボールだったんだけど、
  開始10秒でやられたんだよ…。」
楓「…、そうか…。」

●うっかり
楓「結局何にした?」
杏「バレーボールだったね。」

楓「珍しいこともあるんだね。
  杏がバレーボールだなんて。」
杏「いやー、サッカーやバスケットボールは
  ずっと走り回って疲れるし、
  野球は何が面白いのかが分からないし。」
楓「わがまま多いな。」

楓「でもほら、ドッジボー…。あ。」

杏「わざと?」
楓「ごめん。忘れてた。」

●サーブ
杏「そういう訳でバレーを選んだんだよね。」
楓「…うん。そうか。」

楓「でも、杏ってバレーできたっけ?」
杏「一応できるけど、ちょっと苦手だね…。」
楓「バレーも苦手なのかよ。」

杏「いや、サーブが苦手なだけでね。」
桜「左右にそれるとかですか?」

杏「惜しい!実は後ろに行くんだよね。」
桜「どう打ったら、そうなるんですかね…。」

●上に
杏「でも、ちょっとは練習したんだよ。」
楓「で、その成果は?」

杏「やっと、前に行くようになったんだよ。」
桜「それは良かったですね。」

杏「そうなんだよ!…でもね。」
楓「また、別の問題が起きたとか?」
杏「そう。」

杏「今度は、真上に行って天井に当たるんだよね…。」
楓「だから、行くところが極端すぎるんだよ…。」

●ルール
杏「いい事思いついた。」
楓「やめとけ。」
杏「言わせて下さい。」
楓「仕方ないな。」

杏「3回で返すルールを無くすとか、
  サーブはトスでも良いとか、どう?」
楓「まぁ、ありかもしれないな。」

杏「他にも、ネットを無くしたり、
  足を使ってもOKとか、
  ボールが地面に着地してもOKとか…。」

楓「バレーの要素がねーじゃねーか!!」
杏「まぁ、確かに。」

●避球
杏「そういえば、『サッカーボール』は
  漢字で書くと『蹴球』って書くよね。」
楓「そうだな。」

桜「『バスケットボール』は『籠球』、
  『バレーボール』は『排球』、
  『テニス』は『庭球』と書きますね。」
杏「いろいろあるんだねー。」

杏「ならさ、『ドッジボール』ってどう書くの?」
桜「そうですね…。どう書くんでしょうか…。」
楓「知らないね。」
杏「ん~…。」

杏「あ!『選球』とかどう?」
楓「『ドッチボール』かよ!!」

●結果
杏「楓はバスケットボールの方どうだった?」
楓「残念ながら、一回戦敗退。」
杏「そりゃ残念だったね。」

杏「桜は?」
桜「二回戦敗退でした。」
杏「桜も残念だったねぇ。」

杏「しかし、二人共大したこと無いじゃん。」
楓「そういう杏の方はどうだったの?」
桜「確か、バレーボールでしたよね。」

杏「ふふーん。なんと優勝しました!」
楓「何故だ!?」
スポンサーサイト
プロフィール

733

Author:733
楽しんでいってね。

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
13482位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
3815位
アクセスランキングを見る>>
カテゴリ
かうんた
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。